デル株式会社

書籍のテキスト化に役立つソフト・読み取り革命

Pocket

このたび「書籍をテキストデータ化する方法」を発信することにしました。というのは、テキスト化されたデータは視覚障害を持ちの方や学習障害・手の障害などの原因で紙の本を読むことが困難な方がご利用されているからの理由です。

最近は障害がある方の依頼でボランティアの方が著作権法に基づいた上で書籍のテキスト化に取り組まれています。書籍を断裁してOCRソフトを利用してテキスト化するのが効率がよいと考えられます。そこで便利なソフトとして今回は『読み取り革命』をご紹介します。

■ パナソニック 読取革命Ver.15 バージョンアップ版

B0091L3F42
パナソニック 2012-09-21
Amazonで詳しく見る by G-Tools

■ パナソニック 読取革命Ver.15 製品版

B0091L3FDS
パナソニック 2012-09-21
Amazonで詳しく見る by G-Tools

公式サイトでは以下のように説明されています。

読取革命Ver.15」は、紙文書を編集可能な電子データに変換するOCRソフトウェアです。用途に合わせて紙文書やPDFファイルを同じレイアウトのまま、Word、Excel、PowerPointなどのファイル形式に変換できるため、資料作成業務の効率化、既存文書の電子化(ペーパーレス化)や二次活用に貢献します。
新バージョンでは、わかりやすい画面表示と操作方法でどなたでも簡単に使えるように操作性を向上するとともに、より高精度な文字認識を実現するために認識対象文字を拡張し、すべての日本語第二水準漢字3,388文字に対応しました。
http://panasonic.co.jp/snc/pstc/products/yomikaku/index.html より引用

実際に使われている方からの評判が良いので、ボランティアの方には特にオススメでないかと考えています。

編集履歴:2014.2.23 21:50 最新バージョンのリンクに変更しました。

Pocket

コメントは利用できません。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る