デル株式会社

居場所追跡アプリが勝手にインストールされないための予防策

飛行機で遊ぶ子ども
Pocket

彼氏追跡アプリ!?

以前、彼氏追跡サービスとして話題になったアプリが公開されていました。個人情報漏えいの問題でアプリの配布が終わるらしいと聞いていたのですが、同じ路線のAndroidアプリが一年後に発表されました。

参考:炎上必至!? 終了したはずのアレが新サービス開始 2012/09/16 22:01|マイナビ
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/appwoman/2012/09/post-492.html

アプリの機能を使うとあらかじめ、恋人に行ってほしくない場所(危険地帯)を設定できるそうです。実際に、恋人がそのエリアに行くと自分の携帯に通知が届くそうです。

ただし無断でこのようなアプリをこっそり他人のケータイにインストールして、他の人の動向を密かに探ぐることが可能になってしまうのはリスクが大きいのではないか、と私見ですが感じていました。

-PR-
マカフィー・ストア

適切に使えばいい面もあるかもしれないが・・・

追跡アプリの公式サイトを確認した所、子育てへの活用などが使い方として提案されていました。「子どもが塾の帰りに危ない場所に行っていないか」など、位置把握として使うという意図のようです。使い方を誤らなければ良いアプリだと私見では思います。

とはいえ、勝手に他人にこのようなアプリをインストールされていた場合は第三者からストーカーされかねないリスクがあります。勝手にインストールされないように対策を立てておいたほうが良いのではないでしょうか。

子育てに役立つ情報

屋外で、タブレットPCで遊んでいる2歳の男の子

ケータイのリテラシーについては文部科学省が配布している以下のリーフレットが参考になります。詐欺や変なサイトに引っかからないための、予防策がわかります。

そして、吉田 賢治郎さんの『子どもをネットから守り、ネットで育てる 頼れるお父さんになるための実践アドバイス』も対策の参考になると思います。お子さんが危険なサイト・詐欺に引っかからないように保護者の対応方法が載っています。ネットを使ったコミュンケーションやネットリテラシーを知りたい人にオススメです。

参考:吉田 賢治郎『子どもをネットから守り、ネットで育てる 頼れるお父さんになるための実践アドバイス

4798119504
Amazonで詳しく見る by G-Tools

見覚えのないアプリを見つけたら

AppWomanに「アノ束縛系アプリを上回る恐怖のアプリ!知っておきたい対策法」という記事が公開されました。この記事でも紹介しているように万一、自分がインストールした覚えがない見知らぬアプリを見つけたら、

  • キャリア(携帯電話会社)の窓口に相談する、
  • ウィルス感染したり個人情報を抜かれていないか確認する、
  • セキュリティソフトでチェックしたりしたりするほうが良い

と考えています。

参考:アノ束縛系アプリを上回る恐怖のアプリ!知っておきたい対策法|AppWoman 2013/01/21 11:55
http://appwoman.jp/archives/43579

>>「 スマートフォンにアプリをインストールするとき、気をつけたいポイント」につづく

2013.6.12 ブログ文化向上委員会→個人ブログに載せていた「彼氏は恐怖!? カレログに続く同じ路線のアプリが登場。(追加あり)」を2013.6.12に改稿して公開しました。2013.11.18 19;22吉田さんの本のことを追加しました。同日、19:25 文部科学省のリーフレット情報を追加しました。2013.11.19 20:35 題名を「もし居場所追跡アプリがインストールされていたら? 」から「居場所追跡アプリが勝手にインストールされないための予防策」に改めました。同日20:42 ヤフー知恵袋のことと記事の最後の部分、見出し「 スマートフォンにアプリをインストールするとき、気をつけたいポイント」を追加加筆しました。

Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る