デル株式会社

匿名ならば素性はバレないという常識は本当か #1

プレゼンテーションする女性のシルエット
Pocket

「日本人は匿名でウェブ利用するのが常識。」その報道を見たのは映画「ソーシャルネットワーク」が映画賞を受賞し、話題になった時でした。

参考:ソーシャル・ネットワーク [DVD]

B005YWUMG6
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-12-21
Amazonで詳しく見る by G-Tools

外国ではFacebook(フェイスブック)のように実名で利用するのが一般的。ですが日本でFacebookは受け入れられないのではないかというニュースでした。

日本人はなぜ匿名を好むのか

確かに

  • 実名でウェブを利用することはリスクが大きい
  • 実名でウェブを利用することは非常識

という意見を頻繁に一般の方から耳にします。

私自身、実名でブログを書ているので、「IT業界の人間なのに世間知らず」とのご指摘はしばしばいただきます。私が実名でブログを書いているのは理由があります。

実名のデメリット

IT業界の方からもそうでないかたからも「なぜ実名?」とのご指摘は多数いただいてきました。「普通、ハンドルネームとかペンネームにす るだろう?」と不思議がられます。私の場合は個人事業主として起業して以来、実名でIT系のブロガーとして書いています。というのは、「匿名で記事を書いて評価されても仕事の依頼に 繋がらない」と考えたからです。

実名で記事を書いて評価されていくことが実績となり、仕事の依頼につながります。もし私が会社員のままでしたら実名でIT ブログを書かないと思います。

理由は大きくわけて3つあります。

  1. 会社の情報を漏えいしてしまうリスク
  2. うかつな発言をウェブ上で行なってしまい炎上するリスク
  3. 個人情報が筒抜けになってしまうリスク

他にも考えればきりがないほど出てくるでしょう。

実名のメリット

私の場合は実名でブログを書くことにより、リスクが他者よりも大きくなる可能性が高くなります。そのため、今も未来も、生きている限りは死ぬまでずっと隙を作らないようにと記事を書く必要があります。

一般の方はリスクを取るメリットがどれだけあるのか?という命題を天秤にかけて、匿名でウェブを利用する/記事を書くという選択肢になるのではないかと推察しています。

「IT業界の方は慎重だとか、匿名が大好きと聞くけど。エンジニアの人が本名でニュースを書いたり、テレビや新聞にたくさん出ているのはどうし て?」と質問されたことがあります。おそらくアルファブロガー、ITジャーナリスト、コンサルタント、など公人レベルになったIT関係の人を指しているの でしょう。

これは私の私見になりますがIT業界の人の場合、「実名でウェブを利用し、記事を書く」というのは珍しいのではないでしょうか。例えば以前参加していたtypePadのブロガー 一覧にブロガーは28人(7×4)表示されていました。明らかにハンドルネームの人もいますし、実名の人もいます。名前だけではどちらか不明な人もいます。

これは私見ですがITに馴染みがある方はウェブのリスクを懸念して実名以外で活動する例が多いのではないかと思います。また、一般の方の場合は明らかに匿名とわかる「ハンドルネーム」を利用される方が多いように見受けられます。

日本では「ウェブ上のリスクを避けるために匿名でウェブを利用する」という常識が大半の方の認識のようです。なぜ、そのような意見が常識となったのでしょうか。

なぜ日本人に匿名が好まれるのか

なぜ日本では匿名主義が喜ばれるのか。思い返してみれば、パソコン通信が起源ではないかと聞いたことがあります。私がパソコンを本格的に利用するよ うになったのは2000年以降。

そののためパソコン通信の世界は実体験がありませんが、一緒に働いたことのあるIT業界の技術者、研究者は子供の時からパソコン 通信を利用し、BASICやC言語等でプログラミングを組む経験をされている方が多いようです。

自作アプリを子供のうちから作成し、学生時代のうちからIT系の雑誌の付録としてCD-ROMに収録されるのが技術者への登竜門だった時代があるの を知り衝撃を受けました。

実際に学生時代に製作したアプリが雑誌付録になっているのを見た際、「同じ世代の人なのに未来の人のようだ」と感じたことがあり ます。

パソコン通信はWindows95が登場する1990年代前半までは活況。

  • ニフティサーブ(現・ニフティ)
  • PC-VAN(現・BIGLOBE)
  • アスキーネット

等のサービスがありました。

インターネットが日本で普及するまでは数百万人の利用者がいたそうです。インターネットは世界中に開いた世界(World Wide Web)ですが、パソコン通信は会員のみを対象とした閉じた世界だったという差があります。「閉じた世界」というのが日本人にとって重要なキーワードのように考えられます。

 >>「匿名ならば素性はバレないという常識は本当か #2」に続く

編集履歴:2013.10.2 16:11 見出し「実名のメリット・デメリット」「日本のSNSの利用状況の結果は」「facebookの実名主義」を追加しました。同日、23:47 見出しを「実名のデメリット」「実名のメリット」の2段落に分けました。見出し「個人情報は意外に簡単に追跡できる」を追加しました。2014.3.6 22:44 続きの部分を独立させました。(#1から#5)

Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る