デル株式会社

iphoneとプラダフォンに見る携帯市場最前線

iPhoneを操作する女性
Pocket

私は長年携帯電話はNTTドコモを使用しているが、

この発表を聞いてキャリアを変えようか本気で考えこんだ。

「iphoneがソフトバンクから発売決定」というニュースである。

この発表は、
日本の携帯市場を変える大ニュースといえるだろう。

NTTドコモは市場占有率こそトップだが、
携帯電話の純増台数ではソフトバンクやauに水をあけられている。

NTTドコモは、他のキャリアに押されている負のイメージを払拭すべく、
ロゴマークを変えたり、注目のプラダフォンを発表したりした。

だが、
どちらもニュースにこそなったが、NTTドコモを使用したいという
感覚にさせるものではなかったように私見では思う。

私はタッチパネルで使用できるプラダフォンに大変注目し、
購入するつもりで予約していたが、10万円もするにもかかわらず
実物はプラスチックでできたちゃちさを感じさせる仕上がり。

しかも、
内容も海外で一年前に発売されたものが日本語化されただけとしか
思えない使用感で大変がっかりさせられた。

ソフトバンクは、Windows Mobileがのった機種など、
機種の魅力もあり、しかも、海外で大人気のiphoneも発売されるという。
これでは、ソフトバンクが携帯市場の雄として市場占有率1位になるのも時間の問題だろう。

現在の王者、NTTドコモの戦略ミスとしか思えない展開だが、
果たして劣勢を払拭できるのだろうか?
今後の反撃に期待したい。

Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ウェブサイト翻訳ツール

アーカイブ

Zenback

ページ上部へ戻る